スポンサードリンク

2007年10月30日

JR九州のICカード 09年導入

やっと出ました、JR九州のICカード!
とは言っても’09年からかぁ〜

(ヤフーニュースより引用)

 JR九州は29日、改札の出入りが便利になる乗車・定期券などとして2009年春から福岡・北九州両都市圏を中心に144駅で導入を計画するICカードの名称を、「SUGOCA(スゴカ)」に決めたと発表した。親しみやすさを感じてもらおうと九州で「すごい」を表現する方言「すごか」とかけた。

 「Smart Urban GOing CArd」の略。「街中を賢くスムーズに行き来できる」との意味を込めた。

 ロゴデザインとキャラクターも決定し、キャラクターは米国人デザイナーのロドニー・A・グリーンブラット氏がデザインした「カエルと時計」を採用。列車で「帰る」との機能や鉄道の持つ「定時性」などを表現しているという。

 今回の名称とデザインは、大手広告代理店4社に競わせて決めた。同カードは電子マネー機能付きで、JR九州の駅売店などでも利用できる。初年度に33万枚の発行を目指す。
posted by クレジットカード キャッシング at 12:31| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

みずほ・全日空 カード事業包括提携 メガバンク、大手航空で初

空輸業界と銀行業界の大御所がクレジットカードで提携。このインパクトは大きいですね。

(ヤフーニュースより引用)

 みずほ銀行と全日本空輸がマイレージ会員向けの共通カードを発行する。週内にも発表し、早ければ月末から取り扱いを始める。銀行取引や飛行機の搭乗でポイントがたまり、ポイント交換でも優遇が受けられるほか、クレジットや電子マネーの機能も付く。メガバンクと大手航空会社がカード事業で包括提携するのは初めて。ライバルの日本航空も流通最大手のイオンとカード事業で提携したばかりで、両航空大手の顧客囲い込み競争は一段と激しさを増している。

 みずほ銀と全日空が発行するのは、「みずほマイレージクラブカード」と、「ANAマイレージクラブEdyカード」を一体化したカード。現金自動預払機(ATM)や振込手数料の優遇や、ビジネスや旅行で利用した飛行機でマイルがたまるなど、マイレージ会員向けのサービスが一枚のカードで受けられる。

 年会費は無料。電子マネーの「エディ」の加盟店で利用できるほか、クレジットカードとして買い物も楽しめる。みずほと全日空はすでにマイレージ会員のポイント交換サービスを始めているが、今回の一体型カードの利用者はより有利な条件でポイント交換できる。

 「みずほマイレージクラブ」の会員数は約400万人で、「ANAマイレージクラブ」は約1630万人。両社を合わせた会員数は2000万人に達する。

 企業の発行するポイント(マイレージ)の市場は急速に拡大しており、みずほ銀と全日空は顧客基盤を相互活用することで、消費者の囲い込みを目指す。

 みずほ銀と全日空は昨年11月から、成田空港の全日空ラウンジに設置した両替機で、円とドルやユーロなどの通貨を交換するサービスも始めており、今回のカード事業の包括提携と合わせ、連携を強めるとみられる。

 みずほ銀は、リテール(個人向け取引)部門の銀行間競争が激化するなか、会員制サービスを強化している。新規に口座を開設した7割以上の顧客がマイレージクラブに入会するという。

 ライバルの日本航空も大垣共立銀行系列のクレジットカードに直接、日航のマイルがためられるサービスを開始。流通大手のイオンともカード事業で業務提携し、イオン独自の電子マネー「WAON(ワオン)」を使って買い物をすると、日航のマイルがたまる一方、マイルを電子マネーのポイントとして使えるようにするなど、新たな顧客層の開拓や囲い込みに向け、マイレージサービスの拡充を図っている。
posted by クレジットカード キャッシング at 12:24| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

イオンとJALが業務提携 - 両者連携の「JALWAON」カードが誕生

イオンがJALと組みますか。両クレジットカードとも、サービス面ではどんどん充実してきていますから、よいのではないかと思います。JALもいろいろありましたが、クレジットカード市場を充実させてきており、頑張ってほしいところですね。

(マイコミジャーナルより引用)

イオンと日本航空(以下、JAL)はこのほど、それぞれの事業特性を活かした広範な業務提携を行うことで合意した。その第一弾として、JALマイレージバンクとイオンの電子マネー「WAON」が連携した2種類のカードを発行する。

今回発行されるカードはJALマイレージバンクで初となる、マイルがたまるタイプの電子マネー「JMBWAON」とクレジットカード機能搭載の「イオンJMBカード(JMBWAON一体型)」の2種類。いずれも「WAON」を200円利用するごとに1マイルがたまり、10,000マイルを10,000円相当のWAONチャージに交換できる(キャンペーン期間中、年2回まで)。なお、イオンJMBカードはクレジットカードの利用でJALマイルを直接ためることができる(1,000円あたり5マイル)という。発行開始は2008年3月を予定しており、年会費は無料。発行手数料は「イオンJMBカード」は無料、「JALWAON」も2009年3月までキャンペーンのため無料としている。

両社は「WAON」とJMBマイルと交換でJAL ICカードにチャージできる「JALIC利用クーポン」の双方が利用可能な非接触IC決済共用端末の開発と展開も視野に入れている。また、顧客が満足するためにさらなる向上をめざして、プライベートブランドの販売/旅行商品の拡販と共同開発/緊急時の相互サポートなどの広い範囲で提携を強化していくという。
posted by クレジットカード キャッシング at 00:00| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

ゆうちょ銀、セゾン提携カード扱い打ち切り…他社分も順次

ゆうちょ銀行が、独自クレジットカードを発行するとどうなるか。。。確かに規模は莫大ですが、サービス面ではどうでしょう?クレディセゾンやニコスなどは、クレジットカードのサービスノウハウがたくさんありそうですがね。。。JCB、三井住友ですか。

(サンケイビジネスアイより引用)

 ゆうちょ銀行は、民営化以前にカード各社と提携して発行したクレジット機能付きのキャッシュカードの取り扱いを順次取りやめる。

 10日までに、大口提携先のクレディセゾンとの提携カードの新規発行の中止を決定、両社がホームページ上での周知を始めた。ゆうちょ銀が計画する独自のクレジットカード発行の動きが背景にあるとみられる。提携カードの総発行枚数は約920万枚で、セゾンは4割程度のシェアを占める。セゾン分は、有効期限日(最長で2011年12月)までは使えるが、今後の更新はできなくなる。

 セゾンなどによると、今年6月ごろ、旧日本郵政公社がクレジットカード各社に対し、民営化を機に提携カードの新規発行を中止するよう要請。これを受け、協議が進められてきた。

 ゆうちょ銀は独自カード発行に際し、JCB、三井住友カードとの提携方針を固めている。
 
posted by クレジットカード キャッシング at 00:00| クレジットカード・キャッシング 動向・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

ANAがマイレージ制度変更、期間延長などで差別化

クレジットカードでANAカードをお持ちの方、閑散期はマイレージが格安で利用できます。これはいいですね。マイレージのサービス、これから進化が始まりそう。

(ヤフーニュースより引用)

 全日本空輸は2日、マイレージ制度を来年4月1日から刷新し、特典航空券との交換に必要なマイルを距離と搭乗時期に応じて差をつけると発表した。

 同様のマイレージ制度を持つ日本航空と差別化し、顧客の取り込みを図る狙いだ。

 これまでは、国内線はすべて一律、国際線は国や地域ごとに一律だったが、近距離や閑散期には必要マイルを少なくする。

 国内線の特典航空券に交換するのに現在は1万5000マイル必要だが、東京―仙台間など近距離区間(600マイル以内)で通常期に必要なマイルは1万2000マイルとなる。逆に羽田―那覇間などの長距離区間(1601〜2000マイル)は通常期で1万8000マイル必要となる。
posted by クレジットカード キャッシング at 08:42| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。