スポンサードリンク

2007年09月14日

買い物すれば運賃お得に 京都の商店街など、IC乗車カードで

クレジットカードを使って、運賃がお得になる!こんな時代がくると、地方の安い商店街の振興対策にも有効かもしれません。しかし、このキャンペーン、1円=1ポイントですよっ!

(京都新聞電子版より引用)

 京都府内の商店街などでつくるクレジットカード決済団体「きょうと情報カードシステム」(京都市下京区)は10月1日から3カ月間、関西の電鉄各社や京都市と連携し、決済機能付きIC乗車カードで買い物をした客に電車運賃分のポイントを付与する事業を行う。商業振興と鉄道利用促進を同時に図る全国的にも珍しい取り組みで、来年からは通年化も予定している。

 2006年3月から計3回の試験運用を行っており、通年実施に向けたPRキャンペーンとして行う。

 消費者は、加盟店でIC乗車カードのクレジットカード機能で500円以上1万円未満の買い物をすると、1店舗利用で片道、2店舗以上で往復の運賃分(上限500円)に相当するポイントが同システムの負担で付与される。払い戻す運賃は従来の現金からポイント方式に変更。ポイントはIC乗車カードへの入金やグループ百貨店の商品券の交換などに使える。

 事業で使えるIC乗車カードはJR西日本の「スマートイコカ」、阪急電鉄の「スタシア」「ハナプラス」、京阪電気鉄道の「京阪マイレージピタパ」、京都市営地下鉄の「京都ぷらすオーサカピタパ」など。買い物できる加盟店は市内の商店街を中心とした約1200店。市営地下鉄の「京都ぷらす」は運賃1円を10ポイントで、残る各社は1円を1ポイントで換算して付与する。

 同システムはキャンペーンに合わせてソフト構築や読み取り端末の購入を行い、来年1月から通年化して行うという。同システムは「運賃の還元額は変わるが、今後も続けたい。新幹線などにも対象に広げるようにしたい」としている。
 
posted by クレジットカード キャッシング at 12:55| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。