スポンサードリンク

2007年08月17日

日航がJALカード株を今秋売却、大手金融が争奪戦へ

大手クレジットカード会社とくっつくと、何かと便利なサービスが増えそう!

(ヤフーニュースより引用)

 経営再建中の日本航空が、100%出資のクレジットカード子会社、ジャル(JAL)カードの保有株式を今秋に売却する方針を固めたことが、16日明らかになった。

 最大で49%を売り出すが、本業とかかわりが深いことから過半数は保有し、経営権は維持する方向だ。日航は9月をメドに入札を行う考えで、三菱UFJフィナンシャル・グループやクレディセゾンなどが取得に名乗りを上げる見通しだ。優良顧客を抱えるJALカードを巡る争奪戦になるとみられる。

 JALカード株の売却金額は500億円前後になるとみられる。日航は今年3月末で1兆7000億円にのぼる有利子負債の圧縮に充てる。再生計画達成への弾みにしたい考えだ。
posted by クレジットカード キャッシング at 15:27| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ネット詐欺でイラク反政府勢力を支援 盗んだカード情報で装備購入

クレジットカード番号がこんなことに利用されているなんて・・・24の世界ですね〜。。。

(IT Media Newsより引用)

 トロイの木馬を使って盗まれたクレジットカード番号が、イラク反政府勢力のための装備購入に使われていた。

 テロ組織に関与したとしてロンドンで摘発された3人の男が、ネット経由で盗み出したクレジットカード番号を使い、イラク反政府勢力のための装備一式を購入していたことが分かったという。セキュリティ企業のF-Secureが、Washington Post紙の記事を引用して伝えた。

 それによると、Tariq al-Daour被告ら3人は、Windowsベースのトロイの木馬を使って一般のネットユーザーからクレジットカード番号などの情報を盗み出し、それを利用してオンラインストア多数で商品を購入した。

 購入していたのは、イラク反政府勢力のための航空券、GPS装置、暗視用ゴーグル、寝袋、サバイバルナイフ、テントといった装備一式だったという。

 3人はネットのポーカーサイトで資金を洗浄していたとみられ、実際の爆弾攻撃を計画していたとされる。

 サイバーテロの概念については何年も前から論じられていながら、これまで実際に起きたことはなかった。しかし、これはサイバー攻撃が現実世界における攻撃のための資金稼ぎに使われたケースといえると、F-Secureは指摘している。

posted by クレジットカード キャッシング at 16:46| クレジットカード・キャッシング 動向・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

オリコ、千葉マリンスタジアムに「MasterCard PayPass」の決済端末を設置

キャッシュレス文化が拡大します。お金が情報化していきます。

(NIKKEI NETより引用)

千葉マリンスタジアムで「MasterCard(R)PayPass(TM)」の利用開始!

〜「Mカード」1枚でキャッシュレスの試合観戦を実現〜


 オリエントコーポレーション(東京都千代田区、西田宜正社長、「以下オリコ」)は、非接触ICクレジットカード決済サービス「MasterCard(R)PayPass(TM)」※(ペイパス)を搭載し、3月24日より募集を開始した千葉ロッテマリーンズ公式クレジットカード「MCard(公式HP:http://www.marines.co.jp/special/mcard.html)」の利便性をさらに高めるために、千葉マリンスタジアム内のチケット窓口やグッズショップ、売店など74箇所にPayPass専用の決済端末を設置します。

 これまで千葉マリンスタジアム内では、一部の店舗を除いてクレジットカードの利用ができませんでしたが、今回のPayPass専用決済端末の導入により、「Mカード」をお持ちのお客さまはキャッシュレスでスマートかつスピーディーにスタジアム内でのお買い物を楽しむことが可能になります。
posted by クレジットカード キャッシング at 16:39| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

子ども・若者対象に、正しい金融・経済知識伝える「金融講座」が浸透

お金やクレジットカードの教育はとても大切だと思います。ただ、仕組みに終わらず、実感をもった、生活観を教えていただきたいものです。

(神奈川新聞より引用)

 子ども・若者たちに金融・経済に関する正しい知識を学んでもらう「金融講座」が、少しずつだが学校や金融業界で広がりつつある。以前は「子どもにお金について教えるのはいかがなものか」といった声が多かった。しかし若い世代でも、インターネットのサイト利用に絡んだ架空請求トラブルに巻き込まれたり、安易なクレジットカード利用で多重債務に陥る事例が増加。「将来に備え、金融や経済に関する基礎知識は必要」という意見も学校現場から出ている。

 「デビットカードクレジットカードの違いが分かりますか」。日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会(NACS)のメンバーが県立海老名高校(海老名市)で授業を行った。キャッシュレス社会が進む中、さまざまなカードがあることを理解し、将来の金銭管理を考えてもらうのが狙い。

 同協会では「学校教育における消費者啓発事業」を活動の一つにし、金融講座を二〇〇五年度からスタート。県内でも〇五、〇六年度で、中学・高校・大学合わせて十二校で行った。

 「クレジットカードを持てる年齢になっても、予備知識がないまま使い、多重債務に陥る例が後を絶たない。そうしたことを防ぐためにも、お金の使い方について学ぶ機会は必要」と事業委員会副委員長の石渡戸真由美さん。同校の伊藤伸子校長は「時代とともに青少年を取り巻く社会環境は大きく変化している。高校生のうちから、しかるべき経済観念を身に付けることは必要では」と話す。

 横浜銀行は、横浜市教育委員会の事業の一環として、小学生を対象にした金融講座「銀行探検隊!お金の大切さを学ぼう」を今月、本店で開催する。店内を見学した後、ゲームを通じてお金の大切さを学んでもらう。「地域からニーズがあれば、今後も開催を検討していきたい」と広報担当者。

 またりそな銀行では、お金の役割を知ってもらう「りそなキッズマネーアカデミー」を今年から拡大して開催。小学校高学年を対象に、県内でも今月五店舗で実施している。広報担当者は「金融教育の重要性がいわれるようになってきた。地域貢献の一環として取り組みたい」と話している。

 
posted by クレジットカード キャッシング at 00:33| クレジットカード・キャッシング 動向・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

三菱UFJニコス、日本生命と提携し来年1月から保険契約者対象に決済サービスを開始

確かに、口座引き落としの手続きは面倒です。クレジットカード決済なら、その面倒はなくなります。こりゃ確かにラクだわ。


(日経プレスリリースより引用)

三菱UFJニコス、日本生命と組む
保険料支払いのクレジットカード決済を実現!
〜モバイル決済端末を使い、初回保険料や2回目以降の継続支払いが可能に!〜

 
 三菱UFJニコスはこの度、日本生命保険相互会社(大阪市、岡本圀衛社長)と提携し、モバイル決済端末を使いクレジットカードで保険料の支払いができる決済サービスの取り扱いを、平成20年1月4日から全国一斉にスタートします。

 具体的には、両社間で保険料をクレジットカードで支払える加盟店契約を結び、保険契約時に顧客にお手続きいただくだけで、初回保険料のみならず2回目以降の保険料も継続してクレジットカードでお支払いできる仕組みとなります。これにより、顧客は契約時に現金を用意する必要がなく、また2回目以降の保険料支払いも同時に手続きできることから顧客の利便性が大幅に向上するほか、契約手続きの簡素化が図れるものです。

 これまで契約時の初回保険料は現金収納や振込でしたが、モバイル決済端末を使用することにより、クレジットカードで手続きがその場で完了します。また、2回目以降の支払いも従来は別途口座振替手続きが必要でしたが、一度の端末操作で登録が終わり、所定のクレジットカード代金支払日に他の利用代金とともに指定の金融機関口座から自動引き落としされることとなります。

 利用できるカードはDCカード/UFJカード/NICOSカードのほか、VISA/MasterCardブランドのすべてのクレジットカードで、支払い方法は1回払い。また、クレジットカード利用額に応じて点数が貯まり賞品と交換できる当社のポイントサービス(DCカード「ハッピープレゼント」、UFJカード「スマイルポイントプログラム」、NICOSカード「わいわいプレゼント」)を保険料支払い分でも活用可能です。

 当社では会員ニーズの高い、税金や電気、ガス、水道料金など公共料金のクレジットカード決済を積極的に推進していますが、保険料支払い、とりわけ2回目以降の継続支払いに対するクレジットカード支払いの要望が根強く、今回の提携を契機に販促強化を図り、会員のクレジットカード利用機会の拡大を目指していくものです。
 
posted by クレジットカード キャッシング at 00:58| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレディセゾン、UCのポイント「永久不滅」に

クレジットカードのポイントに有効期限があること自体、もうナンセンスだと思います。どんどん無期限が増えるといいですね。

(NIKKEI NETより引用)

 クレディセゾンは10月から、同社が発行するユーシー(UC)ブランドのクレジットカードの利用に応じてたまるポイントの有効期限をなくす。現在は最長でも2年間で失効するが、有効期限のないセゾンブランドの「永久不滅ポイント」に統合する。セゾンは2006年1月にUCカードの会員事業会社と合併しており、サービスの共通化を進める。

 ポイント統合の対象となるのは、セゾン会員のうちUCブランドのカード会員、約500万人。これまでためてきたUCブランドのポイントは、永久不滅ポイントに引き継ぐ。
 
posted by クレジットカード キャッシング at 00:00| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱UFJニコスなど、北都銀行と提携しリボルビング一部返済サービスを開始

金融業界がどんどん変化していきます。とくにクレジットカードは、銀行、電子マネーなどとも連携しますます便利で、ポイントなどお得になっていきますね。

(日経プレスリリースより引用)

三菱UFJニコス秋田ニコス北都銀行と提携
クレジットカードの"リボルビング一部返済"が北都銀行ATMで可能に!
〜DCカード、UFJカード、NICOSカードの3ブランド同時スタート、会員の利便性アップ!〜


 三菱UFJニコスと同子会社である秋田ニコス(秋田市、佐藤將夫社長)はこの度、株式会社北都銀行(秋田市、加賀谷武夫頭取)と組み、同行のATM(現金自動預払機)を使って、予め定められているリボルビング払いの月々のお支払い額とは別にATMで一部返済が可能なサービスを8月20日から開始します。

 今回のサービスの対象は、三菱UFJニコスの各種提携クレジットカードやゴールドカードを含むDCカード、UFJカード、NICOSカード、並びに融資専用カード「マイベスト」で、リボルビング払い利用分(ショッピングとキャッシングサービス)とカードローン利用分となります。

 なお、DCカード及びUFJカードの会員向けの同サービスは、同行と三菱UFJニコスとの提携で、また、NICOSカード会員向けは同行と三菱UFJニコス及び秋田ニコスとの提携で、それぞれ展開するもの。三菱UFJニコス及び秋田ニコスでは、カード会員の利便性が一段と高まり、クレジットカードの稼働率アップにつながるものと大いに期待しているものです。


<北都銀行との提携による「リボルビング払い一部返済サービス」の概要>

1.対象
 三菱UFJニコスのDCカード、UFJカード、NICOSカード、マイベストの各会員

2.サービス内容
 リボルビング払い(ショッピングとキャッシングサービス)とカードローン(含マイベスト)の利用分の「一部返済」が可能となります。併せて、「一部返済可能額の照会」が利用できます。(返済額は1,000円単位。UFJカードローンは10,000円単位。)

3.利用可能なATM
 北都銀行が秋田県を中心に展開するATM計63台

4.利用可能時間帯
 平日:午前8時〜午後7時(DCカードは午前8時45分〜午後7時)
 土曜、日曜、祝祭日:午前9時〜午後7時

posted by クレジットカード キャッシング at 00:00| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

カード・消費者金融、貸出金利上限下げ「18%以下」広がる

クレジットカード、キャッシングの金利引下げは結構なのですが、このためにずいぶん業界の再編成がすすみました。特筆すべきは銀行の参入ですね。

(NIKKEI NETより引用)

 2009年末にも予定されている改正貸金業法の全面施行を控え、クレジットカードや消費者金融業界で、個人向けローンの貸出金利の上限を引き下げる動きが一段と広がってきた。オーエムシー(OMC)カードは9月、現在の28.8%を18%に下げるほか、アイフルも8月から新規客向けを28%台から20%にする。上限金利下げは収益悪化につながるが、前倒しで引き下げることで、利息返還請求の長期化を避ける狙いがある。

 大手カード会社のうち三井住友カード三菱UFJニコス、ジェーシービー(JCB)などは6月までに、キャッシング金利の上限を従来の26―27%台から18%に引き下げた。クレディセゾンも7月から24―25%を18%に下げた。同社は新規の貸し出しだけでなく、既存の貸し出し分にも新たな金利を適用する。

posted by クレジットカード キャッシング at 12:28| クレジットカード・キャッシング 動向・事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月からクレジットカード決済可能に 名張市立病院

市立病院でもクレジットカード支払いが可能に!医療費がすぐに払えず、借金したい、、、という問題がありましたが、いいことだと思います。

(伊賀タウン情報より引用)

 名張市百合が丘の名張市立病院(竹内謙二院長)は、8月9日に行われた市議会教育民生委員会(石井政委員長)で、9月10日から同病院の診療費などの支払いにクレジットカードなどの決済を導入する方針を明らかにしました。

 同病院事務局によると、地方自治法の改正で、今年4月から公共料金についてクレジットカードデビットカード(銀行、郵便局などのキャッシュカード)での納入が可能になったことから、同病院の入院外来診療費などについても、患者や利用者の利便性の向上を図ることや未収金の防止のためにクレジットカードなどでの決済導入を決めたそうです。

 カード支払いの取り扱い場所は、同病院1階の会計窓口。時間は銀行担当者が駐在している平日の午前8時30分から午後4時30分となっており、時間外救急窓口については利用できないということです。

 必要経費は、昨年度の窓口収入が、外来収入が約1700万円、入院収入が約2600万円であることなどから試算すると、月額の手数料は約5万円から6万円。その他、オンライン処理用の電話回線の増設や電話回線使用料などが発生するそうで、県内の自治体病院では、度会郡玉城町の玉城病院が導入しているほか、松阪市民病院もデビットカードでの支払いを行っているそうです。

 説明に対し、委員からは「救急で訪れる時こそ持ち合わせがなかったり、カードの需要が増えるのではないのか」といった意見が出されましたが、事務局は「救急の場合は保険証がないなど、会計について複雑な面もあるので、今後対応していきたい」と答えるにとどまりました。

 カード支払いの開始については、今後の市広報や入院案内などで周知していくということです。

posted by クレジットカード キャッシング at 00:00| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

三井住友、OMC株32%買収・カード最大陣営に

三井住友銀行キャッシングやクレジットカード事業をどんどん吸収拡大しています。

(NIKKEI NETより引用)

 三井住友銀行は27日、経営再建中のダイエーから同社保有のオーエムシー(OMC)カードの株式の一部を買収し、実質的に傘下に収めると発表した。三井住友グループ合計のクレジットカードの取扱高は9兆円超となり、国内最大のカード陣営に浮上する。貸金業法改正などでカード会社の経営環境は厳しさを増しており、3メガバンクへの集約が一段と進む公算が大きい。

 三井住友銀行はダイエーが保有するOMCカードの発行済み株式の約32%(6800万株)を748億円で買収。持ち分法適用会社にする。ダイエーは同日、今回の株式売却に伴って2008年2月期に420億円の特別利益を計上する見込みだと発表した。
posted by クレジットカード キャッシング at 22:40| クレジットカード・キャッシング最新お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。